レアジョブ 英会話スクールは良い?悪い?を解説!【真実はコレ】

国内のオンライン英会話スクール最大手の「レアジョブ」。CMなどで名前を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

レアジョブで本当に英語が話せるようになるの?講師の質はどうなの?テキストは?などなどの疑問を、実際に体験したので、紹介していきます!

レアジョブの特徴

最多講師数とテキストの豊富さがウリ!

・講師数が多い・・・良い先生を見つけれるチャンスが多い!
・検索の仕方が豊富で細かい・・・条件に合う先生が多い!
・テキストが豊富・・・自分に合ったものを使用できる!
・グーグルカレンダーと同期できる・・・レッスン時間間違えない!
・講師歴や専攻学科が一発でわかる・・・講師を選ぶ時間短縮できる!

他の英会話スクールと比べて、特別なシステムがあるわけではないですが、値段の安さと講師数の多さはさすが大手だなという印象。

テキストもたくさんあるので、自分のレベルに細かく合わせて選べる点は高評価です。

講師の質はどうなの?

レアジョブといったら最多講師数が有名です!登録だけを調べてみても4000人以上講師は現地採用のフィリピン人が中心で、フィリピンの有名大学の現役生やOBを集めたエリートだけに発音はかなり綺麗

レッスンしてもらう講師の選択は学歴や専攻などから選ぶこともできるので、何か特別に議論したい話題などがある場合や、自分の興味のある分野があれば専門的に聞くことができます。

そして、講師は他の場所で英語を教えた経験があるという人が多くいるので、全体的なクオリティは高めの印象です。もちろん、人によっては合わなかったり、あまりレベルが高いとは言えない先生もいます。

もちろん学歴が高いから、教える方がすごく上手いというわけではありませんが、そういった経歴があるというのは1つの目安であり、安心材料です。

また、レッスン後に内容や講師について評価できるシステムがあります。そこで、「音声・姿勢・スキル」の3項目を5段階で評価するのですが、もしレッスンに不満があって低い評価をつけると1回分の振替レッスンをもらえるので、これは良いシステムですね!

レアジョブの学習環境は?

学習の環境面では、忙しい社会人や学生でも無理なく続けられるよう、朝6時から深夜25時まで開講しています。予約もレッスン開始の5分前であれば可能。

受講時間は最短25分から設定でき、毎日学ぶか週末のみ学ぶか選択ができます。25分プランで毎日レッスンをうけたときの月額は5,000円、週末のみだと3,000円に設定されています。英語を話したいなら毎日やるのが良いです。

講師によって得意なスタイル,強い分野がある点,はどこの英会話スクールも同じですが、みんな基本的に気さくで明るい印象です。

中級者以上の人は、とくにTOEFLタイプができるというマークのある講師のレッスンで簡単な質問をたくさん受けて発言力を上げられるので、スピーチ100本ノック感覚で、瞬間的な口頭能力がすごく伸びます。

テキストはどんな感じ?

 

レアジョブには大きく分けるとこのような教材があります。
・無料体験レッスン用教材
・日常会話教材
・トラベル英会話教材
・ディスカッション教材
・ビジネス教材
・発音教材
・文法教材
・TOEIC教材
・TOEFL教材
・お子様向け教材
・フリーカンバセーション教材
・英語面接練習
・補助教材

まず体験レッスンを受けると、自分のレベルチェックをしてもらえます。そこで判定してもらったレベルと自分の目的に合った教材を選べばいいので、「どれがいいのかな?」とあまり悩まずに選ぶことが可能です。

教材の内容は、そのテーマに沿って「易しい項目から始まって少しずつ難易度が上がる」という構成です。とてもスムーズな流れができているなという印象でした。

基本的に、レアジョブのどのコースのどのテキストも、1回または2回のレッスンで終われるように作られています。

そのため、1回ごとのレッスンで「この教材が終わった」という達成感を感じやすいですし、達成感を感じるとやる気の向上にもつながります!

初心者向けからビジネスマン向け、TOEIC用まで様々あるのですが、中でもオススメなのが教材→ディスカッションという項目にある「DAILY NEWS ARTICLE」です。これは何と音声ファイルも提供してくれてれるので、リスニングの練習にもなります。

レアジョブのテキストは、こんな風に「会話」「文法」「発音」「ディスカッション」「ビジネス」「TOEIC」「TOEFL」とジャンルごとに計2200以上のテキスト用意されています。

絶対に自分にぴったりのテキストが見つかるでしょう!

デメリット

カメラを使う必要がない

レアジョブの最大のデメリット、それは自分を含め講師がカメラを使わなくてもOKなシステムです。これはかなり痛いです。相手の顔を見えて口や唇の動きを確認できないのは効果半減です。

もちろん、カメラを使ってレッスンをしてくれる先生もたくさんいますが、カメラを使わない先生はできるだけ取らないようにすることをお勧めします。

講師の特徴をつかみにくい

レアジョブのブックマーク数で選べるシステムは素晴らしいのですが、DMM英会話など他の英会話スクールのように講師一人ひとりにコメントが入るわけではないため、講師の特徴が分かりづらいという点があります。

これは最終的に当たり外れの差が激しくなる事にもつながります。

インターネット上で講師の質の悪さを訴える人がいるのは、ここによるところが多いでしょう。もちろん悪い先生だけではないことを強く言っておきたいです!

講師の時間感覚が少しだけルーズ

講師がレッスン時間になっても現れず、5分10分経過した頃に来たみたいなこともたまにあります。海外にいると分るのですが、日本人ほど時間に正確な国ってないのではないかと感じます。

自分個人としては、きっちりした時間感覚のある日本が好きなのですが、やはり海外の人たちはかなりルーズです。まあこの辺はしょうがないのかな、と思うようにしています。

あとがき~ レアジョブ の総評~

いかがだったでしょうか?講師はたくさんいるので、良い意味でも悪い意味でも色んな講師がいます。それでも、良い講師は見つかります!

ただ、カメラは絶対に使った方が良いので、カメラありの先生を見つけて試してみるのが良いです!

まずは無料体験レッスンをして、通うかどうか決めたらいいです。とりあえずタダでレッスンして気に入れば続ければいいですし、あんま合わないなと感じたら、やめればいいです!下のリンクからアクセスできます。

こちらで英語を効率的に話せるようになる方法を書いたので、合わせて読んで頂けたら幸いです。

【ハーバード式】簡単に独学で英語をペラペラに話せるようになる方法

2017.12.24

読んで頂きありがとうございました!