ミステリー小説 傑作11選【一度読んだら一気読み必至】

世の中にはたくさんのミステリー小説がありますよね。明るい話から暗くて重い話まで、本当に数々の名作があります。

謎を解いていく感覚は、何にも代えられないミステリー小説を読む醍醐味ですよね!基本的に夢中になっていつも一気に読み進めてしまう派です。

今回は、とにかく読んで心に残ったミステリー小説を、有名なものからそうでないものまでご紹介します!

探偵はバーにいる

大泉洋で映画化された作品です。すすきのが舞台で、すすきの界隈を中心に札幌で起こった事件などをハードボイルドな雰囲気を漂わせた探偵が解決していく物語。

1995年に刊行されたものなので随所にバブルがはじけて間もない街の様子などが背景にあったり、方言が飛び交い、ローカル色が強いが、小気味良く話が進んでいくんが楽しいです。

先が読めずにはらはらしながらも、意外とスラスラ読める一冊です!個人的に凄く好き。

向日葵の咲かない夏

直木賞作家の道尾秀介の作品。先生に頼まれ欠席した友人S君の家を訪れた時、彼が首を吊って死んでいるのを見つける。しかしその後、彼の死体は忽然と消え、S君はあるものに姿を変えて現れ、その謎の真相を追求していくという話。

読者が冒頭から抱く違和感は、伏線がパタパタと覆るように終盤で種明かしされるのが面白いが、かなり驚かされる真実ばかりです。

読んだ後にも残るモヤモヤとした感覚がこの小説の醍醐味のような気もします。気になる人はぜひ読んでみてください。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

北海道の旭川を舞台にしたミステリー作品です。主人公である高校生の正太郎が出会った美しくも奇妙なお嬢様、九条櫻子は三度の飯より「骨」が好き。骨や遺体から謎を解く名探偵物語です。

標本士という、ほとんど耳にすることのない職業であり、法医学知識やローカルな地元情報、櫻子の洞察力、多岐にわたる知識など面白いポイントはかなりあります。

ミステリーとしても面白いですが、特に骨に関する知識が興味深かったし、櫻子さんのキャラクターがぶっ飛んでいて面白い一冊です!

謎解きはディナーのあとで

お嬢様でありながら身元を隠しながら刑事として働く宝生麗子と、その執事の影山が事件を推理していく物語。

謎解きという練習問題を解いているかの読める作品で、どの話も突拍子もない動機から思わぬひとが犯人になるようなことはなく、提示された問題から推理すれば、答えに辿り着けそうなものばかりです。

伏線がきっちり張られ質の高い物語なので、自分で推理をしっかりしながら読みたい人には特におすすめです!

スマホを落としただけなのに

彼氏が落としたスマホのデータが奪われ、なりすましやアカウント乗っ取りなどからのストーカー被害などが次々発生し、同時に女性連続殺人事件も起こるSNSの怖さを再確認させられる物語。

スマホを落としただけなのに、そこからジワジワ不幸になっていくカップルの話は恐怖の展開です。

SNSのセキュリティを題材にした作品で内容も非常に身近なものでしたが、ちょっとした誤りが大変なことになりうるというリアルさが伝わってきた点が面白く、怖い。平和な毎日を送っているからこそ読んで欲しい一冊です。

屋上のテロリスト

ポツダム宣言の受諾が遅れた日本は、その後東西に分断され互いに敵対し合っていた。そんな中、ある女子高生がテロ計画を立て、それに同級生彰人も巻き込まれる話。

途中からどんどんのめり込んで行って、途中途中散りばめられた伏線が一気に回収された時の爽快感が最高。

政治家たちを翻弄するのが個人的に面白かったです。暗いミステリーではなく面白いので物語が進むにつれ、さらにサクサク読める作品!

何が困るかって

坂木司の短編集。短いものは2ページというかなりの短編物語です。ほとんどの話はかなりブラックな内容なので、薄暗い系の話が苦手な人にはお勧めしないです!(笑)

1話が短いからちょっとした空き時間で読めたのは良いのですが、読んだ後は結構もやもやした気持ちが胸の中に残る感じです。

世にも奇妙な物語が好きな人は好きかもしれませんが、かなり好き嫌いが分かれる一冊です。

代償

あることがきっかけで一緒に住むことになった二人の少年たち。弁護士になった圭輔、もう一人は犯罪者となった達也。達也は圭輔に弁護を頼むが、それが最悪な罠であり、圭輔はそれに立ち向かっていくという話です。

達也の行動は胸くそ悪く、現実の世界でも自分の手は汚さずに悪いことをするやつが、達也ほどの人物はいないだろうと感じさせられる。

自分のやってきたことをうまく隠し、また人にやらせてこようとも最後には必ず代償を受けることになるのだと思わせてくれる。なかなか暗い作品ではあるが、読んだ後はモヤモヤしなかったので、ぜひおすすめしたいです!

螺旋の手術室

原因不明の医療ミスと医大の教授選を背景に、医療現場で起こる殺人事件が重なり謎が謎を呼ぶ医療ミステリー。同著作品であるブラッドラインの改題です。

手術のシーンは緊迫感があって思わず手に汗握ったし、少しずつ真相に近づいていく展開もドキドキしながら読めました。

ここまで犯人と動機の予想がつかないミステリーも珍しかったです。医療系ミステリーが好きな人はぜひ読んでみてください。

イノセントデイズ

主人公である田中幸乃がなぜ死刑囚になったのか?極限の孤独を描き抜いた衝撃の社会派ミステリー作品です。

無垢で無実な日々を生きながらも上手くいかない雪乃の姿が心苦しく、必死に彼女を生かそうとする周りの人間にも、死を望む彼女自身にも共感してしまいました。事件後の報道やワイドショーの情報だけを、何も考えずに鵜呑みにすることはたいへん危険な事だと感じさせられる。

衝撃的なテーマを圧倒的な表現力で描いていて、ぐんぐん読ませる作品です。明るい作品ではないですが、かなり面白いですよ!

葉桜の季節に君を想うということ

数々のミステリー賞を総なめにした作品。素人探偵のもとに持ち込まれた霊感商法による保険金詐欺事件と、主人公の成瀬将虎と麻宮さくらの恋が交錯し、意外な結末になる物語です。

この作品が多く評価されているのは、単純にトリックの巧妙さだけではなく、次へ次へ読ませてしまう面白さがあるからだと感じました。途中から特に話が面白くなっていきます!

私は完全に騙されたのですが、マジックを見て驚いたときに似た感情を覚え、心地良かったです(笑)少し厚い本ですが、読む価値ありです!

あとがき~ ミステリー小説 ~

いかがだったでしょうか?軽めのものから重めのものまで、様々な種類のミステリー小説をご紹介しました!どれか一つでも興味のあるものを見つけて頂けたら幸いです!

心に深く残ったミステリー小説まだまだあるので、随時更新していきます!

他のジャンルもどうぞ!

感動小説 厳選おすすめ10選【号泣必至】

2018.01.13

恋愛小説 おすすめ10選!【胸キュン必至】今すぐ恋がしたくなる

2018.01.09

読んで頂きありがとうございました!