面白くて寝れなくなるおすすめ小説 最強10冊【ジャンル不問】

面白くて寝れなくなるおすすめ小説を紹介していきます!ミステリー小説や恋愛小説、青春小説など様々なジャンルがありますが、ここではジャンルの区別が明確ではないけど面白い小説を紹介していきます。

ぜひ興味がある小説を見つけたら、チェックしてみてください!

面白くて寝れなくなるおすすめ小説

りさ子のガチ恋♡ 俳優沼

舞台鑑賞オタクのOLりさ子が、若手イケメン俳優にのめりこみ、ある時一線を越えてしまう話。ファンと俳優、両者の心情がとても生々しくて、勢いのある作品なのでスラスラ読めてしまいます。

著者が劇団の脚本家だけあって全ての出来事がとてもリアルに書かれています。 2,5次元にハマっている人ならあるあるの連続で読めます!

「推し」を持つすべてのオタクが共感できる、ファンのリアルな心情が描かれているとても力強い作品。何かに夢中になることで自己を肯定したくなる気持ちは共感できる部分がありました。何か「押し」がある人あった人におすすめです。

蟻地獄

イカサマがばれて違法カジノのボスであるヤクザに人質として親友を捕らえられ、主人公が5日で300万円を用意するため奮闘する話。

芸人であるインパルスの板倉が書いた小説であり、芸人でが書いたんでしょ?っていう思いを良い意味で裏切ってくれました。少し無理があったりもした気もするけれども、テンポよくドキドキしながら楽しめました!

この世に存在する多くの人間が普通に生活の人生を歩めるのはたまたまなのかもしれない。もしかしたら日常のすぐそばに蟻地獄が待っているかもしれない。幸運にもその深みにはまることなく生涯を終える人間はどのくらいいるのだろうか?その深みにはまってしまい生涯を終えてしまった人はどのくらいいるのだろう?と考えさせられました。

ラメルノエリキサ

主人公の小峰りなによる復讐の物語。復讐ものは重いものが多いが、主人公は「スカッとしたい」という行動欲求だけだから軽く読めます。

今の時代、自分の気持ちだけを第一にして生きていくのは、かなりむずかしい世の中。だからこそ、やられたら絶対やり返す主人公のぶっ飛び具合は、カラッとしていて爽快です。

文章のリズムが良いせいか、かなりスラスラと読めるので一気に読み進められるのでおすすめです。

カラヴァル(Caraval) 深紅色の少女

人の気持ちを現わして変わる可愛いドレス、色とりどりの街並み、謎のイケメンや魔法と、魅力的な世界観が楽しめる贅沢なファンタジー小説です。

二転三転する嘘と真実、暴力と愛、幻想と現実にドキドキさせられます。すべてが入り交じり、読んでいると主人公と一緒に翻弄されるのが楽しいです。

不思議の国のアリスの冒険感とディズニーランドのファンタジー感が合わさったような不思議な物語。  どんどん話しが進んで行くスピード感が心地よく、あっという間に読み進められます!ファンタジー系が好きならお勧めです!

後悔病棟

不思議な聴診器を患者の胸に当てると心の声が聞こえ、その患者の人生をやり直し体験させることができる。そして、末路の近い患者たちが「たらればの世界」を覗きに行く物語。

自分の人生を否定したくないし、自分の不幸を人のせいにするなんて絶対嫌だ。そのためにも誠実に楽しく生きていこうと思わせてくれる小説でした。

過去に戻って人生をやり直したからといって、それが良い結果になるとは限らないけれど、別の選択をしていたらどうなるのか、自分の「もうひとつの人生」を見に行ってみたいなと感じました。

負け逃げ

閉塞感が漂っている地方の小さな村で、もがくように足掻くように暮らす高校生たちと教師が織りなす連作短編集。

小さな村での生活の中で悶々としつつも、無力感と諦めに打ちひしがれた彼らが目指す小さな希望。しかし、もがいても容易に逃げ出せない現実がそこにはある。でも本当に逃げ出すことができないのは村からだろうか。それとも、、、

辻村深月・重松清・三浦しをん・窪美澄と4人の作家が推薦することだけあって、いい意味でとても心にずっしりと残る作品でした。性的な描写は少なくはないですが、ぜひ読んで欲しい一冊です!

ひかりの魔女

崩壊寸前の家庭に突如居候として現れたおばあちゃん。娘をの窮地を救い、母親を助け、父親をどん底から生還させ、それに加えていろんな人に尊敬されてやまない凄いおばあちゃんの物語です。

おばあちゃんは、「こんな風に歳をとりたい」「こんな風に人と向き合って生きたい」と思える素敵な女性でした。慌てずに心を込めて暮らすこと、相手の気持ちに寄り添って行動すること、いつも自然体で芯をしっかりと持つこと、周りの人を幸せにして自分も幸せを感じる彼女の生き方まさに理想。

おばあちゃんが見つけてくれる人の本質のいい部分を見せられて、読んだ後に心がスーーッと綺麗になっていくようでした。本当に温かい気持ちになれる小説。最高にほっこりできます。

四十九日のレシピ

妻を亡くした喪失感から何もする気が起きない父と、夫の不倫により出戻った傷心の娘が、母が残してくれた暮らしのレシピを通して、前向きに自分の選んだ人生を進んでいく物語。

分かりやすく読みやすい文体で、なおかつ優しい文章で描かれています。最初から最後まで、所々に散りばめられた出来事に、つい胸が熱くなってしまいます。

温かいものが胸にじわりじわりと広がっていくような感覚を覚えました。自分がこの世を去る時に、母の乙美さんのように誰かに何かを残せているといいなと。ふと自分が死んだ後の事を考えたくなってしまいました。

月のうた

母をガンで亡くした民子、民子の継母の宏子、民子の亡き母の友人の祥子、民子の父の亮太4人の視点による連作短編。

周りのどんな言葉にも惑わされずに、ゆるぎない思いを持って。傷つき打ちのめされて、もがいても、明日を生きるために料理をして。何度読んでも、いつ読んでも、涙と、明日を歩いてゆく勇気をくれる作品。

生きていく中にはいろんな辛いことがあるけど、人を思い思われながら静かに流れていく時間を感じます。人は誰かと繋がって生きているのだと改めて思わされる、心温まるお話でした。すごくおすすめです。

嘆きの美女

幼い頃から美女に劣等感を抱き、美女たちのブログを荒らしている引きこもりニートの主人公が、ひょんなことがきっかけで美女達との同居生活が始まり、たくましく心美人の女性に成長していく物語。

美女やリア充に敵意を持ち、ネットでは毒舌とともに攻撃するけれども、リアル社会だと小心者のヘタレが成長して世界が広がって行く感じがとても面白い。主人公の成長は読んでいて心地よいです。

途中ドロドロする部分もあるけれど、たくさんスカッとする部分もあって楽しめる。キャラクター全員の成長が描かれるところがとても良いです!かなり面白いですこれ。

あとがき

いかがだったでしょうか?もし、これを読んで何か興味があるものが見つかったらとても嬉しいです。

良い小説を読むと、現実の辛いことを少しでも忘れさせてくれますよね。

ほかにもまだまだあるので、随時紹介していきます!

読んで頂きありがとうございました!

こちらも合わせてどうぞ。

感動小説 厳選おすすめ13選【ボロボロ号泣必至】

2018.01.13